ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2013.10.16 Wednesday

事務所移転経過報告

目黒区大岡山で、以前は鉄工所だったという倉庫物件を6月から借り、事務所にする作業に取りかかりました。

miha_office

miha_office
通常業務もあるので、結局はなじみのプロにも要所要所お願いして、ノロノロと工事を進めてきました。

miha_office
左官屋さん

miha_office
大工さん

miha_office
ワックス掛けはもちろん自分たちで

miha_office
スチールサッシはかれこれ長いお付き合いだけどお久しぶりだった super robot

miha_office

miha_office
ガラスが入ると急にシャキッとした新しい廃工場になりました。

miha_office
そして、週末ごとに家具つくりに励みます。材料とおおかたのカット加工は鏑木木材さんにお願いしました。
近所に鏑木さんのような木材屋さんがあって本当に助かりました!お手数おかけしております。

miha_office
複合機がおさまらないことが発覚して一部壁を壊して移動させたり・・・ということもありました。

miha_office
正面の壁の色のスタディなどもしたものの、まだ塗られておりません。

miha_office
ここに上るための階段家具の材料も用意はできております。が、組み立てはいつになるやら・・・

まだ残っている作業は多々ありますが、PC環境も整え、仕事ができる状態にはなりました。
当分の間、現在の住所も電話番号もそのまま通じます。また改めて正式に移転先住所や電話番号をお知らせ致しますね。



 
2013.08.02 Friday

横浜市港南区にて

 店舗+集合住宅の現場が始まっています。

kaka02

 




地鎮祭後、地縄確認です。

kaka02

 




杭工事でボーリングデーターから得られた杭の支持地盤の深さがそれぞれの箇所でかなり異なっていたという事態に遭遇しましたが、1つ1つ適切な対処が終わり一段落。
 

kaka02

 

今日は設備・電気屋さんと打ち合わせして、これから基礎配筋に入ります。

2013.06.01 Saturday

掲載誌のお知らせ

 
LiVES vol.69のデザイン物件レビューに cr1933- が紹介されています。

Lives vol.69

05の方です。
そしてお隣の04は、偶然にも濱名が以前
所属していたarchitecture WORKSHOP設計の八潮アパートメントハウスです。



もう一つ。
暮らしの手帖64 のテーブルカタログに我が家のロングテーブルもちょこっと紹介されています。

暮らしの手帖

31のテーブルの写真とそのサイズが載っています。
うちのは掲載されている中では最長です。

おいしそうなお料理がのっているのを想像してしまうテーブルばかりです。(うちの以外は...)
2013.03.18 Monday

cr1993-

賃貸マンションの18m2程の小さな 一室のリノベーションです。

内法面積は16m2程ですので浴室なども含めてトータル10畳もありません。



そんな一人暮らし用の小さな住戸では、寝るスペースが大部分を占領しますね。





ここでは、ベッドスペースに生活に必要な機能を相乗りさせるようなかたちで空間に展開させることを提案しました。





cor29

このようになっています。
以前設計したnr1977-のヴァージョン違いといったところでもあります。





ベット+キッチン+食器棚+ベンチ+洋服収納棚+・・・



cor29

キッチン+食器棚+ベンチ+デスク+・・・



cor29

ベット下も収納できます。
キッチンとベット脇の棚と洗面カウンターは同じ高さでつながっています。





開口のあけ具合、色を塗る部分は小さな空間の中で、より奥行き感がでるように考えたゆえです。





洗面側からベット方向も抜けています。





以前は玄関やUBまわりは真っ暗でしたが、3つもある開口部が活かされて室の奥まで陽のひかりが届くようになりました。





もちろん相乗りだけではおさまり切らないものたちがあると思います。

余白を利用して、奥行きとつながりをつくり出している相乗り部分とうまく連携していくと考えています。





こちらで入居募集されています。

 東京R不動産

2012.11.08 Thursday

カワウソアートラボ@kiti

鎌倉に建つkitiは家主家族の住まい+仕事場+アトリエ+教室etc・・・を予定してつくられました。


個々の内側へ向かう快適さへのこだわりを少し外側へ拡散すれば良いのにと考える楽しい家主と共に、庭に続く共有路から裏山に向かって吹き抜けていくような、日々の様々な活動や住人以外のモノやコトも同時に受け入れられる大らかな複雑さのある空間を目指したわけです。









そんなkitiは家主と共に今までも身近には風通し良く存在してきたわけですが、このたびもう少し範囲を広げてオープンに「かわうそアートラボ」なる場が展開されました。










2012.11.03

木の玄関ドアを開けて右側がリビング、左側がこのアトリエです。




初日の1回目。私たち親子含め幼児4人+親4人。初めは8Bえんぴつとねり消しゴムを使ったプログラム。なかなか取り組めなかったり、独自路線で突っ走ったり、逃走したり・・・いつのまにか顔が真っ黒になっていたりのイロイロで慌ただしく終了。バタバタと階段を上がっていく子あり、外に出ていく子あり・・・



2012.11.03






よくあるミニ開発の手法ですが大きな1つの家の敷地を切り売りした場所のため、真ん中の共有路には通過交通がありません。
ですから、そこは空地のようなものです。











この共有路の一番奥の中央に建っているkitiは、なんとなくここの管理棟のようないでたちもあってか観光名所へ向かうはずの方が時々ふらっと入って来てのぞいて行きます。そんなのもありなのです。




さて、幼児達はいつの間にか戻って来て、色鉛筆や絵の具が登場するやいなや再び創作意欲を燃やし始めました。









競い合ってできあがったものたち。





家主のミノオカ氏作の絵本やイラストなどもたくさんあります。








もちろん紙芝居を読むことになりました。





こんな具合で慌ただしくも楽しい半日でしたが、これからも、kitiが場を豊かにする創造力を活かすきっかけとなれるようなものであると良いなと思うのでありました。


「かわうそアートラボ」のちゃんとした詳細はこちらでどうぞ

 



 

2012.11.02 Friday

図工美術の日に

 kitiの家主でもある図工計画家ミノオカリョウスケ氏のオープンアトリエのお知らせです。

3日は満席ですが4日は少し空きがあるそうです。(急な告知ですみません。。。)

鎌倉駅から歩けます。
図工もミノオカさんもkitiもきっと楽しいと思います!

最後に裏山の銭洗い弁天で小銭を洗えばきっと充実した一日になるはずです。

興味のある方はぜひこちらにて詳細を御確認の上お申し込み下さい。
かわうそアートラボ ミノオカ図工計画

2012.10.02 Tuesday

横浜にて計画中の集合住宅です。

 
スタディ模型タワー

kaka02



(注:タワー建築ではなく、机の上を片付けるために3F建ての集合住宅の模型を積み上げただけです。説明するまでもないか。。。)

これから概算見積もりに出して、この方向でいってもコストが大丈夫か、構造形式をどうするかを判断します。

2012.09.12 Wednesday

クウネルの本

以前雑誌クウネルに掲載された内容と同じですが、クウネルの本「ハウスキーピングブック」に我が家の掃除機収納場所なんてものが紹介されています。

万が一、掃除機の置き場所に困っていたら参考になさってみて下さい。

クウネルの本





クウネルの本



やっぱりあまり参考にはならないかも・・・
2012.06.14 Thursday

渡辺篤史の建もの探訪

渡辺篤史氏がgateを訪問されました。

 明日6/15(金) 朝4:30〜 テレビ朝日にて放送です。

ぜひ(録画して?)ご覧くださいませ。

gate
2012.06.08 Friday

リノベーション始動


 リノベーションの現場が始まりました。

kr_01

解体が終了しすっきり。このマンションは、く体の状態がなかなか良いですね。



kr_02

レーザーで測量。
これが、竣工図などを参考に解体前に描いている図面と寸法の差が結構あるのです。

特にこのマンションは大きさの違う梁が沢山あるので、それらの位置と高さがかなり影響してきます。
内装は現場の進行が早いので、ここから図面の修正と詳細の決定に追われます。



kr_03

そして、古いマンションには良くあることですが、上階の排水管が室内にどーんと貫通。
しかし、とても微妙な位置です。




kr_04

ここは何の部屋だったの・・・?そこはトイレね。
このヒトもこれからどうなるのか楽しみのようです。
Powered by
30days Album